青汁を飲みやすく飲む方法

青汁を飲みやすく飲む方法

青汁は、健康に良い野菜などを中心にすりつぶした飲み物で、特にホウレンソウやケールなどの野菜を加熱処理することなく使われているので、健康に良い飲み物として定着してきました。販売方法は、すでにすりつぶした状態でジュース上になって販売されているものと、乾燥凍結させたものになっているので水に溶いて飲むようなものがあります。しかし、難点として野菜の味が強くそのままではなかなか飲みにくいものになっています。

 

そこで、飲みやすくする方法がいくつかあります。1つめは甘味のあるもので割って飲む方法です。水で割っては味がそのまま残ってしまうので、甘味のあるジュースなどで割って飲むと飲みやすくなります。2つめは、同じように酸味のあるもので割って飲む方法です。

 

酸味は、苦みのある成分を打ち消す効果があります。そのため、お店などでジュースとして青汁を販売するときにはオレンジやグレープなどの果物を利用して割って飲みます。さらに飲みやすくなるようにガムシロップを入れてミキサーにかけるケースもあります。家庭では、すでに加糖されているジュースなどで割って飲むと飲みやすいです。自分で好みのわる飲み物を見つけている人も多くいます。